トップ > 原状回復費用とは > リフォーム代の全部もしくは一部を負担させる特約の効力
原状回復費用とは

リフォーム代の全部もしくは一部を負担させる特約の効力

賃貸借契約においても,契約自由の原則が妥当しますが,その特約の定めが一律に有効と判断されるわけではありません。

特約 考え方
リフォーム費用の全部を賃借人負担とする 条項は無効と考えるべき
リフォーム費用の一部を賃借人の負担とする 【国交省ガイドライン】
  1. 特約の必要性があり,かつ,暴利ではないなどの客観的,合理的理由があること
  2. 賃借人が特約によって通常の原状回復義務を超えた修繕等の義務を負うことについて認識していること
  3. 賃借人が特約による義務負担の意思表示をしていること
この3つの要件を全部満たしている場合は,特約の効力が認められる場合もある。(注)参照

(注)

  1. 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資や特定優良賃貸住宅の供給の促進に関する法律によって助成を受けている建物の場合は,賃借人に有利な賃貸借条件で貸し出すことを目的として融資しているので,特約が有効であると認められない可能性があります。
  2. 消費者契約法10条の「消費者の権利を制限し,又は義務を加重する」ような特約を平成13年4月1日以降の契約で定めた場合は,信義則違反と判断されればその特約は無効とされる場合がある。
  3. 東京都条例「東京都における住宅の賃貸借に係る紛争の防止に関する条例」いわゆる東京ルールは,平成16年10月1日以降に仲介される賃貸借契約に適用されるが,この東京ルールは,賃貸仲介業者に課された契約時点における的確な説明義務を定めたものであり,この東京ルールによって特約が無効になるわけではありません。

ページの先頭へ

事前にFAXまたは入力フォームから診断書をいただければ,より的確な相談が可能です。もちろんお電話のみでも構いません。まずはご相談ください! 敷金(更新料)返還診断書
敷金(更新料)返還診断書入力フォーム
あなたの法務パートナー司法書士法人H&Wトラスト
あきらめるのはまだ早い。電話1本で道が開けます。0120-783-441(なやみ よよいと解決)電話番号0334310303受付時間 9時から20時(平日)10時から19時(土祝)秘密厳守 相談初回30分無料 日比谷線「神谷町駅」直結 虎ノ門45MTビル3階敷金を払っているのに逆に修繕費を請求された・・・・
きれいに使ってきたのに退去するのにたくさんの金額をひかれた・・・
自分自身で返還請求しても大家に無視される。応じてもらえない・・・

◆当法人は,お客様のご意思を尊重しながら,できる限り早い回収を目指します。
ホームページ:http://www.hw-trust.com   敷金ねっと:http://www.shikikin-hw.net/

敷金(更新料)返還診断書はこちら
(PDFファイルをダウンロードし,ご記入後03-6802-9878までFAXしてださい。)

ページの先頭へ